The Holy Books of Thelema
セレマの聖なる書物

13のA級刊行物からなります。
CCXXとXXXI はどちらも法の書ですので、ひとつというカウントになります。
A級刊行物:Publication in Class A。一文字たりとも変えてはならない刊行物。


・Liber I : Liber B Vel Magi Sub Figurâ I

・Liber VII : Liber Liberi Vel Lapidis Lazuli, Adumbratio Kabbal? ?gyptiorum Sub Figurâ VII

・Liber X : Liber Porta Lucis Sub Figurâ X

・Liber XXVII : Liber Trigrammaton Sub Figurâ XXVII

・Liber LXV : Liber Cordis Cincti Serpente Sub Figurâ LXV

・Liber LXVI : Liber StellÆ RubeÆ Sub Figurâ LXVI

・Liber XC : Liber Tzaddi Vel Hamus Hermeticus Sub Figurâ XC

・Liber CLVI : Liber Cheth Vel Vallum Abiegni Sub Figurâ CLVI

・Liber CCXX : Liber Al Vel Legis Sub Figurâ CCXX
 Liber XXXI : Liber Al(Liber Legis), The Book of the Law

・Liber CCXXXI : Liber Arcanorum των ATU του TAHUTI QUAS VIDIT ASAR IN AMENNTI sub figurâ   CCXXXI Liber Carcerorum των QLIPHOTH cum suis Geniis. Adduntur Sigilla et Nomina Eorum.

・Liber CCCLXX : Liber A'ash Vel Capricoroni Pneumatici Sub Figurâ CCCLXX

・Liber CD : Libe Tau Vel KabbalÆ Trium Literarum Sub Figurâ CD

・Liber DCCCXII : Vel Ararita Sub Figurâ DLXX

これらはクロウリーの著作であり、厳密に言うと彼は受信と筆記をした預言者ということになります。
日本語訳されているものもありますが、少しでも変えると意味を読み取れなくなる箇所がたくさんあります。翻訳すると当然そうした部分はまったく分からなくなりますので、日本語訳は原文を読む際の補助と考えたほうがよいでしょう。

書籍として刊行されていますが、以下のサイトでも読むことができます。

The Hermetic Library at Hermetic.com(英語)

Nihil Lodge OTO(docsにいくつかの日本語訳あり)

The Starry Abode(本館にLiber LXVの日本語訳あり)


またLiber ALについては、"Fill me"が"Kill me"に変更となりました。それについてはHieros Phoenix氏のこちらの記事が詳しいです。

let it kill me! HierosPhoenixの日記: The Law is for All



戻る